井戸の中です:アオイキサス

 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 贅沢な時

昨夜の雨は疲れを流す雨?

いつもと違う帰路

音を身体で感じて、少ない数の言葉で会話を交わす

私にとっては贅沢な時間を過ごした

肩肘を付いて船を漕ぐ

今日はいつもと違う風景で目覚めた

雨上がりの晴天ではない空に漂う雲

アスファルトに残ったいずれは消える雨の足跡

昨夜は新しい事を知った

flower.jpg

GELATIN SILVER,LOVE


スポンサーサイト
02:25 | ぼやき
comment(0)     trackback(0)

 コノヤロウ

時々こうなる

時々こうなる
02:46 | ぼやき
comment(0)     trackback(0)

 ヤラレル

gansman.jpg

時々こんな気分になる
01:59 | ぼやき
comment(0)     trackback(0)

 サカナノヒ

9月6日の事だった

午前4時頃に10代の頃の友人から突然電話があり、午前5時頃再び眠りについた

午前7時頃、苦しくて起きると、私の腹部で黒い猫が眠っていた

猫も私も驚いた

私の家は平屋の一軒家なので、この猫はメス猫で何処からか侵入してきたようだ

彼女は毛並みが実に美しく、鼻が悪いようで「ニャー」と鳴かず、
「ニャッニャッ」と鳴く

やたらとまとわりついてくる

牛乳でもやろうかと冷蔵庫を見たが、案の定空っぽで

いつでも出て行けるように玄関を開けたまま買い物に行った

戻ってきたら彼女は玄関の前に座り「ニャッニャッ」と鳴く

「何だ!このやろう」と思い何ともいえない感覚に陥った

再び眠りにつこうとすると彼女は私の首に前足を置いて絡んでくる

あぁコイツは暑いし、いけないと思い寝返りを打つ

けれども絡んでくる

ふと気づいたらマットの足元が濡れている

粗相をしおったわけである

「こらっ!」と怒ったらばしおらしく黙り込む

「何だ!このやろう」可愛らしいヤツだ

この日は演奏だったので玄関だけは閉めて出た

帰ったら猫は居なかった

私は彼女に「さかな」と言う名前を付けた

未だ一行に帰って来ない

たった数時間の恋だった
13:39 | ぼやき
comment(0)     trackback(0)

 ゴミ箱に生を見つけたり

buling.jpg

毎日がヒッチコックの「裏窓」の世界
15:09 | ぼやき
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。