井戸の中です:アオイキサス

 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 リタ・アッカーマン

rita.jpg

彼女の絵は陰鬱のようだけれど
それとは全く違う柔らかさを感じる
彼女の絵には少女が良く描かれている

キャンバスの中の少女たちは
ティーネージャーが持つ独特の
愚かだけれど輝かしく儚い空気感を纏っている

モラトリウムの中にいる彼女達は
汚染された社会をより冷静に見つめ利用しているようだ

私が高校生の頃の友人の女の子や
同年代の少女達はコギャルと呼ばれ
日本経済を支えていた

「女子高生はブランドなんだよ」

当時良く遊んでいた女の子が私に言った
「こいつ馬鹿じゃねぇか?」とその時は思ったけれど
高校を卒業した頃合点がいった

そんな時代を思い出させてくれる貴重な画家である
スポンサーサイト
00:50 | 
comment(0)     trackback(0)

 好物絵人2~藤田嗣治~

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
12:05 | 
-    -

 好物絵人1~Mark Rothko~

rothco.jpg

何でかは知らないが

マーク・ロスコの絵は落ち着くし

温かみ つまり温度を感じる

そういった絵にはなかなか出合う事はない

さっきからペラペラと見ている

確か初めて見たのは中学の時だった

それからいつか直に見て体感温度はどんなものか?

と想像して楽しんでいた

アメリカ、イギリスで実物を見た

頭の中が空になり 風呂に入っている気分だった・・・

想像通り温度を凄く感じる絵だった



00:52 | 
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。