FC2ブログ

井戸の中です:アオイキサス

 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 N.Y.C.そのいち

暇に任せて過去に渡り歩いた国について写真と共に綴ろうと思う

24歳の時に初めて一人で海外に出た
当時何かと目論見があったので、ニューヨークへ向かった

彼の地へは夜に着いたのだが、飛行機から見る夜景は素晴らしかった
機内から見る夜のニューヨークは輝いていて、
機長も気を利かせたのか、やたら機体を傾けて夜景を見せてくれた

私が拠点にしたのはブルックリンのパークスロープである
黒人街のそこは白人など居ない
日本人などもっての外である

nyc10 J.F.K.空港で緊張と期待に輝く私

行きの飛行機の中で完全なアジア人は私一人。
皆さん機上の方々は男女共に実に豊満な体の持ち主ばかりで、
椅子も大きく作られているのではないか?
と思うほどデカかった気がする。

隣に座っていたアメリカン台湾人の女性。
彼女はインキュバスを聴きながら顔をこちらを向けて眠っている。
そのお美しい顔をどうかこちらに向けないで下さい。

n.y.c.01 私が1ヶ月居た部屋

ここはシェアルームの内の1室である、私は居候であった。
この部屋にあるテレビは使えない。

プレイステーションもあったがゲームをスト2
以来まったくしていない私には関係が無い。
嘘をついた、バイオハザードは1回だけやった。

聞いた話では後に友人となるトニーがビデオを差し込んで抜けなくなり、
テレビも使えなくなったらしい。
トニーはタワービデオで働いていて、暇な時は店の中でスケボーに乗っていた。

ちなみにビデオのタイトルは「湯煙何たら」だったと思う。
エロビデオではなかったはずだ。
エロビデオなら笑いを提供出来たのであるが・・・

n.y.c02 階下の庭を上階から盗撮

こちらは1階に住む大家さんの彼女だったと思う。
ちなみに大家さんは女性です。天晴れだなぁと思う。
大家さんはいつまで経っても私や友人の名前を覚えない。

家の横では日中からボードゲームを繰り広げるオッサン達。
私が通ると「year men!」と充血した目で声をかけてくる。
もちろん答える。「year meeeeeeeen!」

nyc03 部屋からの景色

いい天気が続き、輝いていた。サマータイムのニューヨークは良い。
毎日ここから前の通りを歩いて駅に向かっていた。
黒人のブラザー達に声をかけられながら・・・
「Hey! Chino! Fire?」・・・
火を貸せ、タバコくれとよく言われた。


nyc04ノリータはブロードウェイ(私達はごあべと呼んでいた)の通るマンハッタンの南部に位置します。
ここのラテンレストランで食べたもろこしは実に美味。上に載っているのはチーズとチリペッパー。
このレストランは小さいけれどとても良い感じであった。
なぜかといいますとね・・・



nyc06同じレストランで食べたローストビーフとレンズ豆?。
ライムを搾って召します。
最高でしたが量が非常にアメリカンサイズ。
しかしここで働いているオネェサマ2人がモデルのようでありまして、
料理もそうですが、若い私は情けなくも魅了されてしまいました。
意気地の無い私は写真も共に撮ってもらう勇気も無く撃沈しました。



nyc05 ブルックリンミュージアム

部屋から出て、
ドアを開けて、
鍵を閉めて、
ブラザー達に声をかけられながら
歩いていける距離にあった。
この時はブルックリン在住の新進気鋭アーティストの作品が展示してあった。

nyc08リトルイタリー

ニューヨークには色々な人種がいる。
それと同様に色々な事がそこら中で起こる。
ここは小さなイタリア。
実際イタリア人ばかりかは疑問だけれど・・・


nyc07 ソーホー

有名ブランド等が立ち並ぶ所謂何かと中心の一帯。
私にはあまり縁が無いと言うより、
日中はマンハッタンの他のあらゆる地域をずっと歩いていたし、
夜は夜であちこちを徘徊していたのでただ通り過ぎるだけの場所だった。
だが、深夜2時頃のこの辺りやブロードウェイは閑散としていて良かった。

以下の写真は深夜のブロードウェイである。

nyc11 

深夜に人のいないをこの街を歩いていると

世に名だたる著名人がここを歩いたのだな、と思ったりした

ルー・リードやジョン・コルトレーン、

フリーダ・カーロにジャック・ケルアック

私は家の中が好きだが、何かが起こる路上も好きだ

                  
              ・・・つづく


23:55 | N.Y.C.
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














trackback URL
http://aoisikabane.blog49.fc2.com/tb.php/23-e6e97899
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。