井戸の中です:アオイキサス

 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 N.Y.C.そのいちにさんし

暇に任せて過去に渡り歩いた国について写真と共に綴ろうと思う

今回はindepencedayの夜について

BGMは定番ですがワケがあるので・・・



でよろしくお願いします


ニューヨークに着いてから数日と経たぬ内に7月4日がやって来た・・・

さて、この国の独立記念日である

マンハッタンは祭りの臭いがプンプンしていた

夜には私と友人達はマンハッタンの中心部に住むのロバートの家に向かった・・・

IMG_1308.jpg

ここのデリでブルックリンビールを購入(フルーティな味のビールです)

IMG_1296.jpg

通りにはあまり人がいないのは何故かと言うと

花火を見るため建物の屋上に上がっているからである

もしくはもう何処かで潰れてしまっているか、イイ事してるかだ

IMG_1320.jpg

ロバートの家の屋上から見た花火 

周りの屋上にも人がやたらいて大騒ぎしていた

ラジカセから聞こえる音楽と

花火が上がる度に起こる拍手喝采と奇声、奇声・・・

けれど花火はやはり日本が一番だ

IMG_1340.jpg

米を食べるロバート 彼はブースカが好きだ

訪れた色々な所で自前のブースカのフィギアと写真を撮っていた

彼とブースカが各地で一緒に写っている写真を何度も見せられた

IMGP0841.jpg

屋上では例の天才少年が歌とピアニカを

Y氏はMacでエフェクトをかけ、K氏はギターを弾く

Franklyn Avenue ensembleが演奏をし

途中から私がギターに変わり参加した
(left to 私 Darius Y氏)

IMGP0844.jpg

後で演奏していた彼は実にダークな曲をいくつも弾いた

けれど祭りの後と言う感じでそれはそれで良かった

結局この場には沢山の人がいて色々と知り合う事が出来た

IMG_1324.jpg

屋上から向かいの建物を撮ったら

led zeppelinのフィジカルグラフィティのジャケみたいだ

けれど、私は聖なる館までしか聴いていない

IMGP0850.jpg

Robertの部屋とPerrierと私 こんな歌あったよな・・・

近頃は部屋の中で妄想と私 こんな感じだ

時に想像力と言うものは足かせになる事もある

まぁいい

IMGP0838.jpg  屋上での祭りの後には
 いつまでも人々の歓声が響いていた
 時折聞こえる国歌「星条旗」
 
 私の足元にはピアニカと配線
 
 Bob marleyのredemption songの歌詞
 
 それを照らすスポットライト
 
 実にディープな夜を過ごした気がする

 皆さんありがとうございました



つづく・・・



05:11 | N.Y.C.
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














trackback URL
http://aoisikabane.blog49.fc2.com/tb.php/33-627d77e8
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。