井戸の中です:アオイキサス

 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 女優と俳優

私がとても好きな女優と俳優がいる

何故か我々はひょんな事で共に出かける事となった

バスに乗って向かう所はとある娯楽施設

遊園地のようなものと言って良いのだろうか?

少し違う気もするのだが・・・まぁいい


どうやらその二人は夫婦になったらしく

その女優に少なからずもある種の感情を抱いていた私は

その事実を知って心の片隅に生えている毛を抜かれたような

痛痒い感覚を植えつけられた

抜かれたのに植えられるなんて実にナンセンスである


しかし バスに乗ると俳優は一番前の席にスッと向かい

女優は前より5,6席後ろの席の窓際に座った

何故なのか分からないが 

私には俳優が気を使ってくれたのだという事が伝わった

そして女優の隣に私は座る事にした


彼女は胸までの黒髪につばの広い帽子をかぶり

ワンピースを着て足を組んでいた

私は雪駄をはいて足を組んでいた

女優はサンダルを脱いだ裸足の足で 私の足先を撫でた

そして膝を私の膝に当てていた・・・


彼女は窓の外を眺めていて窓の向こうには

緑色で毛むくじゃらの2m位ある人型の生物が数体

頭に黄色い物体をのせて行進していた

「あれは娯楽施設の看板のキャラクターなのだ」と

女優に説明しようかと思ったのだが

足が気になって何も言えない

いつの間にかバスは止まり 女優も俳優もすっと降りていった

そんなすんなり降りて大丈夫なのかと疑問であったが

皆降りてしまったし 私も降りる事にした

するとそこは空港で 彼ら2人も何処へやら・・・

私は仕方なく(けれど不安感など全く無く)

近くのベンチに腰掛けた その瞬間に

パスポートと財布を失っている事に気づいた

そしてやってきたのが不安感である

辺りをきょろきょろしていると

身体の縦も横も大柄な黒人の警官がやって来て

これお前のだろ?と私に財布とパスポートを手渡した

ありがとう・・・と言った

そして昨夜のワインのせいで

寝ていたか起きていたか分からないまま

朝を迎え出勤した

いつかの午前の出来事である
 

09:29 | 思考回路
comment(2)     trackback(0)
comments
ちょっとドキドキしながら読んでいたらカテゴリが思考回路。
良かったような安心したような(笑)。

アオイ君ワールドやねー。

余計なコメントだ(笑)。
2010/01/23 19:52 | | edit posted by 梅田慈将
はい お話であります

分裂症ではありません
2010/01/23 21:03 | | edit posted by アオイ
comment posting














trackback URL
http://aoisikabane.blog49.fc2.com/tb.php/49-d415d491
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。