井戸の中です:アオイキサス

 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 伸びる音とそれを現す記号の物語とは?

心地よーい天気だーった

物事がスムーズに進んで

たーまに訪れる休日が一日だーけであっても

「生活が出来ていーるから良いのーだ」

そーう思って男はたーだたーだ流れる時間を過ごしていた

そーしてその日が男の人生最悪・・・とまではいかなーいが

そーれに近い気の抜けーた日となった。


街に出てーすこーし歩いた頃に 

男は別れーた女性二人に偶然出会う

そーの二人と喫茶店に入る事になーる

一方にーは延々と過ぎ去った日々の波を語らーれ

一方にーはその後の日々の波を延々と語らーれ

男はたーだ頷くばかーり

二人が口を噤んーだのーで

男が話そーうとしーたら二人は猫のよーうに去ってーいった

残されーたのは伝票と

もみ消されーた女性物のタバーコ

店内の気の抜けーたようなーBGMだった・・・

男は記憶喪失だーった事を思い出しーた

とまぁそーんな話だとおもしろーい

---------------------------------------------------------

物語:アオイキサス
02:07 | 思考回路
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














trackback URL
http://aoisikabane.blog49.fc2.com/tb.php/62-ae3fc76f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。