FC2ブログ

井戸の中です:アオイキサス

 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 0431-帰郷~その1~

先月末から色々とあり、色々と色づいた日々だった

----------------------4月30日---------------------------------

前日夜遅くまで、否、朝まで作業の為
実家に着いたのは午後3時だった

帰路の電車の中で納得する出来事があった

少し前に友人が「小学生や女子中学生」が気になると言い
i-phoneで画像収集していた
私ともう一人の友人は若干ひいていたが
i-phoneと言う先端機器で御洒落な事でなく
そのようなゲスな行為を行う所は個人的に認めていた

話は戻るが、その電車で木津辺りだったろうか?

離れた窓越しに実に清楚な感じの女性が立っており
顔だけが見えていていた
彼女が車内に乗り込んで来た時に愕然とした
明らかに○○中学と書いた鞄を持って制服を着ておられた
すぐさま前述の出来事を思い出し
一人汗をかく

人間は人工的なルールと先入観で物事を判断していて
本能と言うものは隠せないのだと思った

地元の駅に到着し 
改札で切符を落としている事に気づいた
窓口で駅員を呼んでみたがいない・・・
のでそのまま出て来た

途中で柄にもなく母に花を買った

高校生の時以来の出来事だ
花には特に執着は無いが
出来るなら私の部屋にも必要だと思った

2年ぶりの実家の天井からは3つの大きな鉢が吊るされ
緑がそこからあふれ出ていた
その下の水槽の中を金魚が泳いでいる
彼らは悠々自適であり
少々捻れ始めていた私をあざ笑うかの如く
インド人のようなその腹を震わせていた

周囲は家しかないし
根底にあるものは何も変わっていない

家から歩いて2分の大和川と言う河川にいた
流れがある場所は良いものも悪いものも流していくのだろうか?

落語を聴きながら眠りについた
03:31 | Japan
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














trackback URL
http://aoisikabane.blog49.fc2.com/tb.php/72-3f4427d7
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。